日常生活にまとわりつくストレス解消法の極意を取りまとめた書籍を出版したいと考えているのですが、周囲の友人らからは、そのようなガイドブックは、とことん出版され尽くしているので、どこの出版社も相手にしてくれないのではないかとアドバイスをくれます。

確かに、素人作家である筆者が、ストレス発散法のガイドブックを出版したからといって、興味をもって手に取ってくれる人々は、ごくわずかであるかもしれませんが、もうすでに原稿らしきものは、ある程度完成しているので、まずは、サイト上に書き込んでみようかと思考錯誤している現状であります。

「ストレス」とは、個人差がありまして、ストレスによって痩せる人もいれば、太る人もいます。眠れなくなる人もいれば、眠たくなる人もいたりとユニークにも千差万別であります。

ストレスと切っても切り離せないものは何と言っても「食べ物」です。多くのストレスに対抗すべく強い身体を身につけようと思った際に食べてもらいたい料理や、私自身が試みたストレス解消法を、独自にご紹介してみようと思います。

実際、何処にでもあるようガイドブックに書かれているような内容なのですが、誰かに伝えてみたいという欲望が先行して、ストレス解消のガイドブックを出版してみたいという願望に辿り着きました。

本の出版は、そう簡単ではないと友人から知り得まして、最近では若干、諦めムードなのですが、ほぼ完成した原稿を目の前に、何もアクションを起こさないという事は、多大なるストレスになりそうなので、サイト上に書き込む事で、私自身のストレス解消としたいと思います。

レッツ・ストレス解消では、筆者自身の本を出版できないというストレスをサイト上に書き込む事で解消しながら、皆さまにも、筆者独自のストレス解消法をご紹介してみようという画期的な考えから発案された企画であります。

まずここでは、ストレスとは何かという説明と共に、ストレス時にこそ食べてもらいたい筆者おすすめお野菜たっぷりな料理や免疫力の上がる食べ物をあわせて紹介していけたら良いなと思いホームページ制作に励んでいこうと思います。

                       

       

                                 

ストレスって何だろう?

           

ストレスの正体とは一体何でしょうか?皆さんは、自分自身の抱えているストレスについて考えた事はありますか?ストレスを一言で表すのは、時として簡単な事ではない事もあります。人間の心や身体のメカニズムは不思議なもので、自分自身がどういった感情を抱えているのかさえ、分からなくなってしまう事もあるのです。そんな時の為に、ストレスの具体例を「言葉」「ワード」として認知しておくことは、皆さんのストレスを和らげる為に、必要な事柄と考えられているようです。

「内面的なストレスを表わす具体例」

寂しさ/不安感/緊張感/怒り/憎しみ/自己否定/自信の低迷/疲労/不眠/怪我/病気/障害など

上記は、皆さんの内面的なストレスを表現するような具体例であります。

もし、何か身体や心の不調を感じたら、上記のようなワードが当てはまる出来ごとや感覚の原因が何であったかを一度、整理してみると良いかもしれません。なんだか体調が優れないと感じた時に、ストレスの原因となっているものが、明確に把握できただけでも、ストレスが軽減する事も筆者としては、個人的にはあります。

こんな出来ごとがあったのだから、自分自身に負担がかかっているのは当たり前なのだから、今日は早寝しようだとか、今週は、仕事をセーブしようなどという、自分を守る体制を作る事が出来るだけでも、ストレスから逃げる事ができると考えられています。

筆者自身の最近のストレスは、ストレス解消法のガイドブックを出版したいという思いなのですが、周囲から、そう簡単に本など出版できるはずがないとの助言を頂き、本の出版はひとまず諦めて、サイト上に書き込むという、打開策を生み出しました。

この書き込みのお陰もあって、筆者自身は、だいぶストレス解消が促されています。ストレスは体調の不調として表れやすいです。

体調不良を感じたら、その原因を、早めに探してみましょう。

なおストレス解消には健康状況も影響します。規則正しい生活を心掛けたり、必要な栄養素を摂取したりするようにしましょう。

マウスを利用した実験では、NMNを投与したところ、コレステロール値や中性脂肪値が改善された他、膵臓や肝臓といった内臓の機能が改善されたり、骨密度も向上したという結果がでています。健康維持が期待できる成分というのは数多くありますが、中でもNMNは注目だと言ってよいでしょう。

                    

      

つまんで美味しく健康に

            

              

                

              

      

外的なストレス?

          

       

ストレス解消法ガイドブックを出版したいのですが、周囲の友人らから、素人に本の出版は難しいとアドバイスを受け、ほぼ完成している原稿をこちらのサイト上に書き込む事で、筆者なりのストレス発散を試みております。

さて、ここでは皆さんの外的な要因となるストレスの正体を追ってみたいと考えています。

「外的なストレスを表わす具体例」

苦手な音、音楽/苦手な味、料理/高温多湿などの気候/苦手な臭い/人間関係の悪化/経済状況の低迷/適合できない環境/適合できない文化/適合できない習慣など

上記は、皆さんが外的に感じるストレスを表わす具体例を書き出してみました。いずれかかに当てはまる状況化では、ストレスを感じる事は、当たり前だという前提で、自分自身のケアを行う事が重要です。

ストレスを感じても、自分自身を取り戻す為のケアを理解していれば、ストレスによる体調不良を感じる以前に、ストレスを予防する事が可能なのではないかという考えが基盤となっています。まず「自分のストレス要因」をアバウトでも認識してみる。「自分が癒されるストレスケア」を事前にいくつか用意しておく事が、ストレス解消には必要なのではないかと筆者は考えております。

例えばですが、外出先などで、嫌な人と仕事を共にしなくてはならなくなった、または、嫌な苦手な仕事を請け負った後、仕事を完了し、1人帰宅する際に、自分の好きなコロンを身にまとうだけでも、自分が守られたように感じて、ストレスが軽減するような感覚に落ち着くことができ、筆者自身はストレス解消対策の1つとして取り組んでおります。

好きな音楽を聴いたり、好きな食べ物を食べたりする事も感覚的には、リラックスできますが、筆者としては、好きな香りを身にまとうことが、一番の外的ストレスから身を守るストレス予防対策であります。

     

        

夏バテ予防に

                         

         

            

        

                               

ストレス認知のススメ

        

                  

さて、冒頭でも申し上げましたが、筆者自身のストレス解消法を、ガイドブックとして出版することが夢であったのですが、本の出版を甘くみてはいけないという周囲の友人からの助言もあり、出版デビューは断念し、こちらのサイト上に書き込む事でストレス発散している筆者であります。

このようにストレスは、「いったい何がストレスの原因となっているのかを、把握する事」と、「ストレスを抱えている自分自身へ何かケアを試みる意識」が重要なのではないかと考えています。

筆者自身は、ストレスを抱えやすい体質なのではないかと考えているのですが、実際は、他人のストレス度合いを目視で計る事は、難しい事ではないかと思われます。

最近は職場などで、ストレス度チェックなどを行う運動がみられますが、何よりも自分自身が、リラックスしている自分自身と、そうではない自分自身の状況を、感覚的に俯瞰した形で認識する事が、ストレス予防のセルフコントロールとして必要であろうと考えています。

なかなか、言葉で言うよりも難しい事ではありますが、1日に、時間を決めて、自分自身に問いかける事を筆者は行っております。

例えば、朝の満員電車のラッシュの中で、自分はどのくらいストレスを抱えているのだろうかなどと、自分自身に「たった今、ストレスを感じている事を認識させるような働きかけをしています」、出勤時、ビルのエレベーターに乗る際も、皆急いでいるので、窮屈なエレベーター内になりますよね。

そんな時も、「たった今、ストレスを感じているけれど、7階に着けば解消されるストレスだ」と、自分自身に常に語りかけたりもしています。

そうすると、フラットな感覚に近いストレス度合いの低い自分の状況が、感覚的に認識できるようになり、この感覚を維持するには、どのようなケアを自分自身に行えば良いのだろうかなどといった考え方に辿り着くのです。

          

             

食べてびっくり!